四季彩倶楽部 全国各地より選りすぐりの物を、あなたのお手元へお届け致します

四季彩倶楽部本店

TEL:0563-68-3273 メールでのお問合せはこちら
TOP 商品一覧 業務用調味料 フラワーケーキ ご利用方法 会社概要 お問い合わせ
キーワードで商品検索
会社概要
吉良屋のはじまり物語
カテゴリ

ブログ
ショップ向けブログパーツ-営業カレンダー
ショップ向けブログパーツ-営業カレンダー

吉良屋のはじまり物語

 江戸中期 判治孫斎治が酒・みそ・溜・塩等の販売を三河の地で始めました。今は13代目ですが、9代目まで代々 判治家は「判治孫斎治(はんじ まごさじ)」の名を継承してきました。
 中でも明治43年 塩が専売制になるまで、塩の元売り として手広く商っておりました。
 吉良の塩は
饗庭塩(あいばしお)と名付けられ、三河・知多の醸造蔵等へ出荷され又、船で江戸へ運ばれ 江戸の台所を賄いました。一部は、矢作川を遡って稲武の豪商へ出荷していました。その後、稲武から塩の道を通り信州方面へも広く出荷された事でしょう。
明治25年9代目孫斎治が九州 明治鉱業より仕入れて石炭の販売を始めます。塩田、製糸工場、煉瓦 瓦製造業が主要販路でした。
ドイツ製汽船【明宝丸】【住の尾丸】等を保有し、九州と三河吉良港を往復し
一度の往復で田んぼが一反、買える程の利を生み当社の全盛期です。
明治42年 石炭の販売を、石炭部として吉良屋本店から独立させます。
大正10年6月 吉良屋本店は法人設立し、吉良町で最初の株式会社でした。

しかし、昭和20年1月13日 11代目の時代です。三河大地震で大火災となり店舗・自宅とも全焼し、住込みの若い女性社員2名が死亡する大惨事に見舞われました。この時、世の中は太平洋戦争の真っ只中。当社は、この三河地方の配給元でした。
全ての物資・食料はもとより、消防車を動かすガソリンまで当社に有ったのです。大地震 前日の夕方、配給のマッチが大量に貨物列車で届きました。
当時のマッチは西部劇で見るように、摩擦で火が付くマッチです。その夜、大地震が起き マッチ全体に火が付き吉良屋本店は、遠くの島からでも見える火柱が立ったそうです。世の中の青年男子は戦争へ行き、残っているのは年寄・女・子供です。ガソリンも無く消防車も動きません。全ての物が、燃え尽きるのを見つめる以外なかったそうです。中でも、11代目が心を痛めたのは預かっている若い女子社員2名の死です。以後 1月13日は大事な日となり、11代目が90歳で亡くなるまで法事を欠かしませんでした。後に続く私共も、1月13日はその気持ちを受継いでいます。
その後、日本経済の復興と共に当社も逞しく歩みを進め昭和57年 物流センター設立。 昭和62年 本社・小売店舗を建設移転。平成10年12月14日 忠臣蔵の日に合わせて清酒「吉良伝説」を発売平成11年より12代目の経営となります。17年6月 三河の方言焼酎「じゃん だら りん」を発売平成24年10月より13代目の経営となり今日に至っております。


忠臣蔵の日に合わせ発売された、清酒 「吉良伝説」

三河の方言焼酎 「じゃん だら りん」

饗庭塩について

その名の起こりの饗庭村も吉良氏の知行地で古くから開けた土地です。
ここの、金蓮寺には安達藤丸郎が源頼朝の命により、
建てたと伝わる【国宝 阿弥陀堂】が有ります。
おそらく、この辺の人々が百姓の仕事の片手間に入江の潮を汲み込んで
製塩を行なったであろう

吉良には古くから製塩の歴史があり、
元禄時代の風潮である新産業時代の波にのり、地の利を生かした製塩によって吉良の経済を豊かにしようとしたのである。
しかし、当時の新しい製塩技術である 入り浜式塩田技法は、播州赤穂を中心とする
瀬戸内海沿岸で発達したものである。

そこで、いろいろな伝説が生じた。
たとえば、吉良町の伝承と符合する面がある。
吉良町吉田には吉良屋本店という古い商店がある。代々孫斎治を世襲名としてきた家柄、塩が専売制となるまで塩問屋として手広く販売した。

判治(はんじ)という姓は吉良町吉田には比較的多いが、全国はおろか愛知県下でも珍しい。先祖が、いつのころか時代は判らないが三人連れだって播州から移住したという。「判治という姓は播州が、訛ったものかも知れない」と菩提寺の住職は言う。                                   (参考資料 鈴木悦道 吉良上野介より)
ページTOPへ
ご利用方法
AMEX DINERS
只今、ご注文を承る事ができません。
ご了承下さい。
●只今、ご注文を承る事ができません。
■只今、ご注文を承る事ができません。

●只今、ご注文を承る事ができません。

只今、ご注文を承る事ができません。
ご了承下さい。
只今、ご注文を承る事ができません。

●只今、ご注文を承る事ができません。

只今、ご注文を承る事ができません。
ご了承下さい。
只今、ご注文を承る事ができません。

只今、ご注文を承る事ができません。

只今、ご注文を承る事ができません。
ご了承下さい。
●只今、ご注文を承る事ができません。

■只今、ご注文を承る事ができません。
ご了承下さい。
只今、ご注文を承る事ができません。
ご了承下さい。
●返品・交換・キャンセルについて
  
■詳しくはこちらをご覧ください。